ダイエットの近道!?筋肉をつけると良いらしい!その理由を知っておきましょう!

今までダイエットに失敗を重ねてきた人や、これから始めようと考えているは参考にしてください。どうやら痩せるには「筋肉」が鍵を握っているようです。その概念を理解してトレーニングを始めてみませんか? これからトレーニングを始める人にとって重要な「どこでどのようにトレーニングを始めるのか?」その違いも紹介しています。ごゆっくりご覧くださいませ!

ダイエット方法も色々あるけど

筋肉がダイエットの鍵となる

食事を制限するダイエットや有酸素運動をするダイエットなどいろいろありますが、ここ最近注目を浴びているのがダイエットのための筋トレです。筋肉さえつけてしまえばそれほど食事に気を遣う必要がないんだとか! では一体どういう理由なのかを紐解いていきましょう。

筋肉をつけると太らない理由

まずはその原理を理解しておきましょう

なぜ筋肉をつけるとダイエットに良いのか? どうやら筋肉をつけると太りにくいようです。もともとカロリーオーバーな人なら上手に痩せられると言うことも言われています。とても魅力的ですね。ではそのメカニズムですが、基礎代謝という言葉はご存知でしょうか? 基礎代謝とは自然とカロリーを消耗する能力を言います。例えば成人男性ですと一日1,500キロカロリー、女性だと1,200キロカロリーが基準のようです。これが基礎代謝で、一日に消費できるカロリー量となります。
筋肉をつけるとこの基礎代謝量が上がるので痩せられるといった理論を利用するのが筋肉をつけて痩せるダイエット方法と言う訳です。

本当にそうなのか?

これだけ聞くと卓上の理論だけのような話で、本当にそうなのか? と疑ってしまいそうですが、ある程度極端に筋肉をつけている人では太りたくても太れない症状が定番のようです。それはどのような人かと言うと、スポーツ選手やボディービルダーではこの症状が良く見られます。
特に力士が良い例でしょう。一見太っているように見えますが、良く見るとその脂肪の奥には立派な筋肉が見え隠れしています。そしてなにより彼らは脂肪をつけて重い体にしないといけない人たちです。しかしなかなか太れないために、たくさん食べて、すぐに寝る(動かないために)そして稽古してたくさん食べてすぐ寝る、を繰り返し、太るために努力しています。
少し例えが極端でしたが、このように筋肉の量が多いと太りにくいどころか痩せやすいということがわかりました。ですので卓上の理論ではないということが言えますね。

ムキムキにならないと意味がないのか?

じゃあ極端に筋肉をつけないといけないの? ボディービルダーは趣味じゃないぞ! とお考えの人もいると思いますが、なにもそこまでしなくても結構です。全身にまんべんなく筋肉をつけることでよりスタイリッシュなボディーを目指し、痩せやすい体にしておけば良いでしょう。もちろんトレーニングにハマったらどんどん筋肉をつけていけば良いのですが、仕事に遊びに忙しい人だとちょっと難しいかもしれません。
しかし空いた時間を利用すれば効率の良いトレーニングを続けることで自然と痩せられると思いますよ!

食事に対する意識を変えましょう

筋肉をつければ痩せられる、痩せやすい体になると言うことがわかりました。ですのでトレーニングが必要となると思います。ここで選択肢が二つできるのですが、食事制限をする方法か、しない方法かの二択をしなければいけません。では食事制限を取り入れた方が良い人の特徴ですが、現在進行形でどんどん太っていく人。これは気を付けた方が良さそうですね。食事制限は必須だと思います。しかし無理な食事制限はリバウンドの元です。
ですのでちょっと食事を変える必要があります。

食事制限のコツ

食事制限のコツは、「炭水化物」にあります。最近は炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエット、ケトジェニックダイエットなどさまざまな名称で呼ばれていますが、なにもそこまで気にする必要はありません。もちろん抜いていただいても構いませんが…。もうご存知の方もいらっしゃると思いますが炭水化物は太る原因です。筋肉に変わりません。もちろんエネルギー源ではありますが、太ってしまう人はそもそもエネルギーの摂り過ぎのサインなので必要ないと言えます。
しかし食事を減らすなんてことはリバウンドを招く要素になりかねないので、この炭水化物をお肉や卵に替えてみませんか? 筋トレをする上で非常に重要な栄養となるタンパク質は積極的に摂っていきたいところです。お肉などは実はそれほど食べても脂肪にはならないことがわかっています。
ですのでご飯を減らすか、食べない代わりにお肉や卵。これならリバウンドの心配もないはずです。

食事制限しない人も…

筋肉をつけるためにはトレーニングが必要です。さらに筋肉を大きくするためにはタンパク質が必要となります。普段通りの食事ではタンパク質の絶対量は少ないはずです。それではせっかく鍛えても筋肉の発達が遅れるか、いくらトレーニングしてもあるところで頭打ち状態となってしまいやる気が損なわれる可能性もあります。
ですのでちょっと気を付けてタンパク質を優先的に摂りませんか? タンパク質にはお肉や卵のような動物性タンパク質と大豆などから摂れる食物性タンパク質があります。筋肉に影響を与えるのは動物性のようなので、せめて目玉焼き一つでも構いません。簡単にできる料理を足してみましょう。ちなみに卵は高カロリー料理でもありますが、どうやら体脂肪にはそれほど影響がないようです。

ダイエット中は体重を気にしないこと

脂肪よりも筋肉の方が重いので…

ダイエットにおいて大切なことはスタイルを変えることであって体重は気にしないようにしましょう。筋トレをダイエット計画に組み込むとどうしても筋肉量は増えることが予想されます。仮に脂肪が減って筋肉が増えスタイルが改善さたとしても体重が増えるケースもあるようです。これは脂肪よりも筋肉の方が重いのでこのような現象が起こります。
体重を気にしていたら体は細くなっているのになんだか複雑な気持ちになるでしょう。ですので体重は気にしないことが先決と言えます。

体脂肪率はグラフ化しよう

もしも体脂肪率などを測る場合はグラフ化して測定することをおすすめします。例えば体のむくみやお風呂あがり、食後など同じ日でも状況が変われば誤差が生じることがありますが、これは測定方法の都合上避けては通れないことなので仕方ありません。ですので体脂肪率を測る場合はいつもなるべく同じ環境にすること、例えば朝起きたときなどに調整し、グラフ化することで徐々に体脂肪率が変化していることがわかると思います。
例えば実際脂肪が減っていても一週間毎日測定したとしても昨日よりも増えた数字が出る場合があり、これは体調による測定結果の誤差と言えるでしょう。しかしグラフを見れば徐々に右肩下がりのような傾向が見られると思います。体脂肪計はこのようにデータを取ることでダイエットに役立てましょう。

トレーニングはどこでするのか?

筋肉をつけるとなるとトレーニングをどこでどのように行うかが重要となってきます。ではその選択肢を見てみましょう。

フィットネスジム

ジムにもいろいろな種類があります。フィットネスジムはどちらかと言うと軽いトレーニングが中心なのでトレーニングマシンなが用意されていないこと、ヨガやピラティスなどが中心であったり、大きな設備ではプールやサウナなども完備されていたりと、運動+リラクゼーション空間のような意味合いが強いでしょう。
大きな筋肉をつける目的ではあまり利用されていませんし、女性しか利用できない、場所によっては高齢者向けのフィットネスジムもあります。

公営ジム

市や区が運営しているジムのことです。利用料が安い傾向にありますが、トレーニングマシンなどの設備がジムによって偏っています。その代わりプールなどが用意されていることが多いです。どうやらどこのジムにも高齢者層が多いようで、設備はそのような人たち向けに作られているのかもしれません。本格的なトレーニングをする場合は少し不利だと言われています。

スポーツジム(トレーニングジム)

筋肉をつけてダイエットする目的であればスポーツジムがおすすめと言えるでしょう。トレーナーさん(指導員)に手ほどきを受けながらトレーニングを進めることもできます。トレーニングマシンの使い方や注意点、そのほか痩せるためにはどうすれば良いのか、などを個別に具体的に聞くことができるのでその分成果も出せるでしょう。
例え高重量を使ったトレーニングも周りに経験者が多いため安全に行うことができます。例えばベンチプレスといって重いバーベルを寝た状態で持ち上げる種目がありますが、失敗して持ち上げられなかった場合首に落としたりする危険性もありますが、このようなジムではお互いに安全に目配せし合い、そういったトラブルのときも助けてくれることがあるので安心です。
どうしても経験の浅い、知識に乏しい人の集まる公営ジムではこの安全面に不安が過ります。(施設によって違うと思いますが…)スポーツジムでは普段見ることのできないような筋肉モリモリな人たちが通うっていることも多いので見ているだけでも楽しめる要素もあるでしょう。
フィットネスジムで効果が得られなかった人もスポーツジムで肉体改造ができた話も多いので参考にしてください。

パーソナルトレーナーつきジム(マンツーマン指導)

トレーニー(ジムに通う人)につき一人、専属のトレーナーさんが付いてトレーニング方法や食事の管理などを行う方法です。効果は高いのですが、あまりにも辛いトレーニングと過酷な食事制限を強いられる傾向が強いため、契約後にリバウンドを起こす人も多く見られます。短期間で痩せたい人にはおすすめですが、会費が高いことも。
マンツーマン指導の場合、教わったことを契約期間が過ぎても実行できる人に向いています。リバウンドしてしまったら会費が無駄になってしまいますので…。自分一人ではどうしても痩せられない人にも良いでしょう。

ホームジム(家庭用トレーニングマシン)

ファイティングロード (FIGHTINGROAD) キングofベンチ

Amazon

ファイティングロード (FIGHTINGROAD) キングofベンチ

¥17,280 (2016/04/19 10:52時点)

サイズ: W130×D137×H100~130cm
背もたれ角度が4段階に調節可能
プレートセット別売
ベンチプレスに加え、腕・足・腹などを鍛える複数のトレーニングが可能。
ベンチプレスを筆頭に数種類のトレーニングが可能。ベンチプレス・インクラインベンチプレス・バタフライ・バーベルカール・ダンベルカール・レッグエクステンション・レッグカール・シットアップなどの胸・肩・腕・足・腹の強化!

家庭用のトレーニングマシンを手に入れてトレーニングする方法です。最近ではホームトレーニングマシンも低価格で気軽に購入できるようになりました。畳二畳分のスペースがあれば本格的な肉体改造が可能です。ジムに通う必要もなくトレーニングに掛かる費用も抑えられます。好きな時間に好きなタイミングでできるのでスペースが余っている人におすすめです。
その代わり我流でトレーニングを行うことになります。本やDVD、インターネットの解説サイトを参考にトレーニングのやり方を学ぶ必要があるので、なにか間違っていることがあっても誰も教えてくれません。その分デメリットもありますが、ある程度トレーニングジムに通って経験を積んでからホームトレーニングに移行するのもおすすめです。

ホームトレーニング

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)

Amazon

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)

¥11,664 (2016/04/19 10:52時点)

【売上実績NO1!!】大人気の片手20KG!!初心者の方から上級者まで幅広くトレーニング出来ます。
あなたのトレーニングをヤル気にさせる鮮やかなレッドカラー。筋トレの必需品!!手軽な運動に最適なダンベルセット。安全性を重視し床を傷つけにくく、音や衝撃を緩和するラバーリング付き(お客様の方で装着して頂きます)。フローリングのお部屋に最適です!!
自分にあった重さでトレーニングができます。レベルアップを実感!!

これからトレーニングを始めようと考えている人におすすめなのがホームトレーニングです。初めのうちはなんのグッズも必要ありません。体一つあれば自分の体重を使って鍛えれば良いのです。やり方次第で効果は出ます。一般的な腕立て腹筋背筋から始め、いわゆる囚人トレーニングと言って牢屋の中(なにも道具のない環境)で肉体改造する方法も。
畳一畳分ほどあれば十分でき、もしジムに通ったとしても軽い運動程度であればお家で鍛えると言った使い分けもできます。もう少し効率を求めるのであればダンベルだけでも用意すればさらに筋肉のつきは良くなるでしょう。ホームトレーニングである程度頭打ちを感じたらジムに行ってみるなどもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? なぜダイエットに筋トレが良いかおわかりいただけましたでしょうか? この概念を知っているのと知らないのとではトレーニングに対するモチベーションが変わってくると思います。さらにこれからトレーニングをするにあたってジムによる特徴の違いを理解した上でどれにするかも参考にしてください。
トレーニングでなにより大切なことは続けることです。どうしたら続けられるか、楽しめるかを考えながら工夫して始めましょう!
最後までご覧いただきましてありがとうございました!

関連するまとめ

こんなまとめも人気です♪

大阪のおすすめボルダリングジム20選!一番安いジムはここだ!

大阪のおすすめボルダリングジム20選!一番安いジムはここだ!

男性の筋トレダイエット方法!失敗せずに痩せるトレーニングメニューをご紹介!

男性の筋トレダイエット方法!失敗せずに痩せるトレーニングメニューをご紹介!

【胸筋の鍛え方】たった2週間で細マッチョ♪自宅での週3トレーニング方法

【胸筋の鍛え方】たった2週間で細マッチョ♪自宅での週3トレーニング方法

ジャンプ力強化の筋トレ!跳躍力をアップして高みを目指せ!プライオメトリックトレーニングやバスケやバレー向けの鍛え方など!

ジャンプ力強化の筋トレ!跳躍力をアップして高みを目指せ!プライオメトリックトレーニングやバスケやバレー向けの鍛え方など!

大腰筋って大切!その理由と鍛え方を解説★効率的なトレーニングと痛み解消のストレッチを実践しよう

大腰筋って大切!その理由と鍛え方を解説★効率的なトレーニングと痛み解消のストレッチを実践しよう

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

運営会社 | GOINについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意 | 会員規約

GOIN[ゴーイン] | 車と人生を旅する