クロスバイクの選び方 〜はじめの1台編〜

クロスバイクには用途によってさまざまな種類が発売されています。そこで用途や素材、価格の違いまで徹底検証! 初めてのクロスバイク選びにお困りの方はぜひ読んでみてくださいね☆

【クロスバイクのタイプは大きく分けて4種類】自分の使い方を考えてみよう!

クロスバイクと一言に言ってもタイプはさまざま。まずは自分の生活スタイルやクロスバイクの使い方などを考えていきましょう!

長距離向きクロスバイク

段差の少ない舗装路が得意でスピードは中速〜高速。車体は軽量でタイヤ幅は細めなので、長距離でも快適に乗る事ができますが、未舗装路はあまり得意ではありません。舗装された道メインで長距離は知りたい方におすすめです。クロスバイクの中でもロードバイク寄りの特徴があります。

通勤向きクロスバイク

舗装路全般が得意でスピードは中速。フロントサスペンションがあることにより、段差に強く、でこぼこが多い市街地を中心に走る方におすすめ。車体重量はロードバイクの中では中間で平均的。タイヤ幅は太め。マウンテンバイク寄りで安定性と走破性を兼ね備えています。

ストリート向きクロスバイク

段差の少ない舗装路が得意でスピードは中速〜高速。信号が多い都会でのストップ&ゴーを快適に楽しめます。デザインは個性的なものが多く、デザイン重視の方にもおすすめ。1日の走行が10km程度の方には十分です。車体はやや軽量でタイヤ幅はやや細め。適度なスピード、安定性があり、上記の長距離向きロードバイクと通勤向きロードバイクの中間といったところです。

買い物向きクロスバイク

舗装路全般が得意でスピードは低速〜中速。車体はやや重めでタイヤ幅は普通。泥よけやスタンドが標準装備されているものが多いので、スピードを出して走るというよりは、毎日の買い物や休日のちょっとしたサイクリング程度で使用される方におすすめです。ロードバイクの中ではシティサイクル寄りで、スピードよりも快適性に重点をおいて作られています。

【価格にも違いが出てくる】素材の違い

クロスバイクに使われている素材はいくつかあります。フレームやフロントフォーク部分は地面からの衝撃を腕に伝える場所なので、素材によって衝撃の度合いが変わってくるのです。出来れば通販ではなく、実際のお店に行って試乗して違いを実感して購入することをおすすめします。

【クロモリ】クロモリとは鉄のことで、安価な価格のものに使われている事が多く、重量が少し重くなります。振動吸収性は良いので、長時間乗っていても疲れにくいという特徴があります。細いパイプにすることが出来るので、クラシックなデザインのクロスバイクにも使用される事があります。

【アルミ】一番一般的な素材で、価格も重量も標準的で中間といった感じです。ただ、振動吸収性は3つの素材の中ではやや悪くなります。

【カーボン】最も高級な素材で、非常に軽さ、強さ、振動吸収性全てにおいて優れています。ですが、車体が倒れた時などの衝撃には弱く、割れやすいので注意が必要です。

【走行性に違いが出てくる】タイヤ&ホイールサイズの違い

クロスバイクの種類や素材の違いが分かって来たところでだんだんと絞り込んできているかと思います。色々な自転車メーカーのスペック表を見てみると分かりますが、ホイールは700×28C等の書き方がしてあります。これはタイヤの直径が70cmで幅が28Cですよ。という意味。

ホイールの直径は漕ぎ出しの速さとスピードの維持や小回りに影響します。もちろん小さい程小回りはしやすく、大きい程ひと漕ぎの距離があるのでスピード維持は楽です。また、タイヤ幅はスピードの出しやすさ、走行時の安定性に影響します。幅が細いと路面抵抗が少なくなるのでスピードは出しやすく、幅が太いと路面抵抗は多くなりますが、安定感はバツグンです。

数センチの違いですが、実際に乗ってみるとかなり違ってきます。では自分に合ったホイールやタイヤのサイズはいくつなのでしょうか。

【26インチ(66cm)】漕ぎ出し軽めで小柄な方におすすめ。
【700C(70cm)】スピードの維持がしやすく、サイクリングに最適。
【29インチ(73cm)】スピードの維持がしやすく、大柄な方におすすめ。

【25C】ロードバイクレベルの細さで、スピードは出やすいですがパンクしやすいので注意。
【28C】スピード重視でクロスバイクの一般的なサイズ。
【32C】少し太くなりスピードと安定感も出てきます。
【35C】安定感をメインに作られているサイズ。
【38C】かなり安定感重視なので、スピードは出しにくいです。
【2.1】安定感バツグンで、マウンテンバイクレベルの太さです。

【1台目ならお手頃価格で十分】10万円以内で買えるおすすめクロスバイク

価格もピンキリで迷いますよね… 安価過ぎる粗悪品が出回っているのも事実。とはいえ1台目は高級すぎても取扱いが難しいこともあるので、有名メーカーの入門モデルが価格的にもメンテナンス的にもまずは間違いありません。数台おすすめをご紹介します☆

【長距離向き】CANNONDALE(キャノンデール)CAAD8 FLATBAR

【価格】99,000円
【素材】フレーム/アロイ・フォーク/カーボン
【タイヤサイズ】700×25

【通勤向き】TREK(トレック)7.4FX

【価格】81,481円
【素材】フレーム/アルミニウム・フォーク/カーボン
【タイヤサイズ】700×32

【ストリート向き】FUJI(フジ)PALLETE

【価格】68,000円
【素材】フレーム/アルミニウム・フォーク/アルミニウム
【タイヤサイズ】700×28

まとめ

いかがでしたか。クロスバイクといっても種類はたくさんあります。こちらの記事を参考にぜひお気に入りの1台を見つけてくださいね☆

関連するまとめ

こんなまとめも人気です♪

クロスバイクのライトならこれ!オールマイティーなスポーツ自転車におすすめのヘッドライト10選!

クロスバイクのライトならこれ!オールマイティーなスポーツ自転車におすすめのヘッドライト10選!

【クロスバイクのサドル決定版】もうお尻が痛くならないおすすめのサドル10選!

【クロスバイクのサドル決定版】もうお尻が痛くならないおすすめのサドル10選!

クロスバイクのハンドルに最適!手が疲れないフラットバーにおすすめのハンドルグリップ10選!

クロスバイクのハンドルに最適!手が疲れないフラットバーにおすすめのハンドルグリップ10選!

クロスバイクに最適なタイヤはこちら!オシャレで機能的なおすすめのタイヤ10選!

クロスバイクに最適なタイヤはこちら!オシャレで機能的なおすすめのタイヤ10選!

クロスバイクのおすすめメーカー10選〜2016年版〜

クロスバイクのおすすめメーカー10選〜2016年版〜

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

運営会社 | GOINについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意 | 会員規約

GOIN[ゴーイン] | 車と人生を旅する